地球の問題に簡単に取り組める!?ビルの壁面を利用すること

ビルの壁面緑化で温暖化防止

地球の温暖化に向けた企業の取り組みも注目されるようになっています。企業で自社ビルをもっているところでは、屋上に太陽光パネルを設置してエネルギーの自給自足をおこなっているところもあります。そのようにエネルギーの使用を制限する以外にも方法があります。それがビルの壁面に植物を這わせた壁面緑化です。ビルの回りに緑をすることで見た目にも涼しさを感じますが、実際に環境に配慮した手段であり地球温暖化を防止する効果もあります。

壁面緑化をすることで得ることができる効果

ビルの壁面に植物を這わせることで、太陽光が直接ビルの壁にあたらないためにビル内の温度が上がることなくなります。そのためエアコンをつけるにしても植物を這わせていない時と比較して温度や強さを抑えて使用することができるために、エアコンが排出する二酸化炭素も少なくすることができます。そして排出した二酸化炭素も植物を配置させることで酸素に変えてくれるために、地球温暖化を防止する働きがあります。このような循環を起こすことができます。

首都圏で効果良く温暖化を防止できる

特に首都圏はビルが多く立ち並び、そこから多くの二酸化炭素が搬出されている現実があります。地球温暖化に取り組むために屋上に庭園をつくったり、壁面を緑化して、世界的な問題に取り組んでいる企業も多くあります。特にビルの場合には狭い敷地面積であっても、上に伸びている構造のため、壁面もそれだけ多く取れることになり、緑化できる面積も広がるために、首都圏においてビルの壁面緑化を推進することが二酸化炭素うの排出を良効率良く抑制することに繋がります。

住宅は木造の物件が多く、鉄筋造りの建物よりも強度が低い特徴があります。そのため、住宅に屋上緑化を施す場合は植える樹木の品種や土の量などを慎重に決めることが大切です。