犬の飼い方と猫の飼い方!大変な部分は何?

犬は利口ですが、鳴き声に注意

犬は利口で、教えれば人間の指示にも従う賢い動物です。やって良いことと悪いことの判別ができ、上手く教えることができれば非常に飼いやすいです。ただ、犬は犬種によって番犬としての本能があり、時に大きな声で鳴いたり敵対心を露わにします。鳴き声は近隣住民の迷惑となりますし、トラブルにも発展しかねません。相手を噛むなど怪我をさせると飼い主の責任となるので注意が必要です。飼う場合は他人に迷惑をかけないように調教することも大切です。

猫は無邪気ですが、飼いやすい

猫は、その飼いやすさから人気が急上昇しています。トイレを用意すれば勝手に済ませて汚物を隠しますし、毛づくろいも自分で行います。鳴き声も小さいので近隣住民の迷惑にならず、他人の目を気にすることなく飼えます。ただ、知性がやや犬と比べて劣るので、自由気ままで言うことを聞いてくれません。無邪気な部分が猫の魅力でもありますが、家具や壁がボロボロになるなどの被害は避けられません。傷つけられては困るものと猫は離さないといけません。

それでも最後は自分のお好みで!

動物を飼うのは、飼い主の自由ですが、飼いやすさだけを考えて動物を選ぶのは間違いであると言えます。動物と言えども一度家に入れば立派な家族ですので、本当に気に入った動物を迎え入れたいです。犬も猫も可愛いことに間違いありませんが、それなりに苦労する部分もあります。その部分を受け入れて、寿命を迎えるまで飼うのが飼い主としてのマナーです。犬や猫は法律上では物扱いとなりますが、いざ飼う時は物ではなく命を授かるのだという意識が必要です。

子猫販売なら神奈川県で人気のショップを利用することで、魅力的な子猫を気軽に購入できる他、飼育方法などのアドバイスも受けられます。