結局どれが1番いいの!?犬の買い方3通り

ペットショップで購入する場合

犬を購入するとき、最もオーソドックスなのは、やはりペットショップの利用でしょう。特に初心者にとっても身近で入りやすいですし、直接現物を見て選べるのも魅力ですよね。また、飼育方法について相談に乗ってもらったり、大きな店舗だと希望の犬種を探してもらうこともできます。しかしショップによっては、無理に購入を勧めたり、犬の健康に無頓着だったり、さらには子犬を競り市から仕入れていたりと、悪徳な店舗があるのも事実です。ペットショップを利用する際には、優良なお店かどうか、十分なチェックが必要です。

ブリーダーから購入する場合

最近は、ブリーダーから直接犬を購入する人も増えてきましたよね。もちろん優良なブリーダーとの契約なら、犬の育ってきた環境やその家族を見ることもできるので、購入前に犬の性格や普段の様子、成長後のイメージを掴んでおきたい人には最も理想的な方法です。しかし、ブリーダーの中には、金儲けのために、人気犬種だけを劣悪な環境のもと大量に繁殖させて売り飛ばす、パピーミルと呼ばれる人たちも存在します。信頼できるブリーダーなのか、見極めが重要です。

動物愛護団体から譲り受ける

見落としがちなのが、保健所や動物愛護センターなどで、里親を探している犬を引き取るという方法です。やはり無料で犬を手に入れることができる上、殺処分から犬の命を救うことができるというのが、この方法を利用する1番のメリットですよね。しかし、保護されている犬のうち、ほとんどが雑種の成犬であるため、人気の犬種や子犬を手に入れることはとても難しいでしょう。さらに、精神や身体に何らかの問題を抱えている犬も多く、譲りうける前に、その犬が保護された経緯や現在の性格など、知っておく必要があります。

子猫販売なら東京都であるといえます。日本において、ペットセラピーの需要のもっとも高い地域は東京です。そして、セラピーアニマルとしての能力がもっとも高い生き物が子猫だからです。