「ペットは大切な家族の一員」との自覚を持って飼おう!

ペットに愛情を持って接しよう!

「イヌ」や「ネコ」は家庭で飼えるペットの代表です。どちらが好きなのかは個々によって違います。また、イヌとネコのどちらも好きで両方を飼う人や、多頭飼いする人もいるかもしれません。ペットを家庭に迎えるときは、家族全員が同意するようにしたいですね。その上で、家族の一員として大切に接するようにしましょう。もちろん、甘やかせるのではなく、きちんとした「しつけ」も必要です。しつけの方法が異なっているとペットも戸惑いますので、家族間で徹底しておくといいですね。(ご連絡)【記事の方向性】は「買い方」でしたが「飼い方」としてまとめましたので、どうかよろしくお願いいたします。

ペットのお世話はきちんとする!

ペットを飼うためには、きちんとお世話をすることも大切です。たとえば、子どもがペットを欲しがるときは、一時的な興味の可能性もあります。そうなると、食事やトイレの世話などをしなくなるかもしれませんね。また、可愛がるだけ可愛がって、肝心のお世話をしないことも考えられます。やはり、ペットを家族の一員として迎えるためには、快適な日常生活を送れるようにすることが大前提となります。そのためには、お世話の方法や役割分担などについては、折に触れて家族間で話し合いをしましょう。

ペットには最期まで責任を持って!

ペットが病気や怪我をしたときは、きちんと病院を受診して手当を受けることが大切です。また、ペットの寿命は人間よりも短いことが一般的です。そのため、子どものいる家庭では、ペットとの別れを通じて「いのちの大切さ」を学ぶことができます。大変悲しいことですが、これも掛け替えのない貴重な経験になります。なお、イヌやネコなどのペット以外にも、身近にいる魚や昆虫を飼う場合もあるかもしれません。しかし、どんな場合でも、最期まで責任を持って飼うように心掛けたいですね。

猫を飼いたくなった場合は子猫販売を行っている業者やブリーダーから買い取る方法があります。良心的できちんとした管理を行っている販売元を見極めることが重要です。