ペットとしてのニワトリの飼育方法とヒヨコを飼う際の注意事項

ニワトリの種類と入手場所

ニワトリには色々な種類がいます。名古屋コーチン、烏骨鶏、チャボ、白色レグホンなどが有名ですが、他にもたくさんいます。ペットとして飼う場合は、ニワトリを入手しなければなりません。入手場所はペットショップです。観賞用として烏骨鶏、チャボが人気です。チャボは、尾が黒く体全体が白いチャボもいれば身体全体が黄土色で尾が黒いチャボもいます。烏骨鶏は、身体全体が白いのと黒いのがいます。どちらもひよこから飼うと飼い主を親だと思ってよく懐いてくれます。

ニワトリの飼育方法について

ニワトリを飼う場合は小屋が必要です。小屋の大きさは1羽なら縦と横と奥行きの3つ共50cmほどの小屋が必要です。親指程度の穴が開いた鉄の格子を小屋にすると風通しも良いので夏の暑さ対策やイタチやネズミ、ネコなど害獣対策にもなります。小屋の地面には砂を入れます。砂は、ホームセンターに売っている川砂を乾かした物を使うと良いです。ニワトリは砂浴びを一年中します。砂浴びをする理由は、身体についたダニなどの寄生虫を落とすためです。餌は朝と夕方の2回、市販で売っている配合飼料を与えます。2日に1回は、おやつ感覚でキャベツやレタスなど野菜を与えると喜びます。水は朝と夕方の2回取り替えます。水の容器は店で売っている鳥用の水飲み器を使います。糞を水を飲む所によく入れてしまうので、毎回綺麗にしてあげましょう。

ヒヨコを飼う際の注意事項

ヒヨコを飼う時は、小型のヒヨコ電球か小動物ヒーターを使います。ヒヨコは寒さに弱いので、成長するまでは注意が必要です。ヒヨコを1羽だけ購入して飼い始めると、昼も夜も鳴きますので複数羽を購入しましょう。複数羽いるとヒヨコは安心するのか鳴き止みます。餌は市販の粉のような餌を朝と夕方に与えます。飼う場所は外ではなく家の中のほうが安全です。ヒヨコの声は普段はぴよぴよですが、ピーという声がするときは寒い、動物がいるなどの危険がヒヨコに訪れている可能性があります。1ヶ月もするとぴよぴよと言わなくなりますので、大人用の小屋に移します。大人のニワトリはヒヨコの時より病気や寒さにか強いのが特徴です。

子犬販売なら神奈川が非常に取り扱いを行っている店舗数が多いので、多くの種類からの選択というものを行うことができます。